HOME > バータージャパンとは

バータージャパンとは

バーター取引というのは、世の中で結構普通に行われているます。

【バーター取引と考えられる例

バー ター(Barter)とは、物々交換のことで、金銭を介在させずに物品取引を 実行する手段です。
以下の例なども、barter取引ですね。


●企業がストックオプ ションで賞与を支払う場合や、休暇で賞与を支払う場合も、バーター取引では



通常の取引だと、欲しいものと相手の欲しいものが合致することは難しいので、
通貨を介在させて取引を実 行します。
通貨は常に価値が認められてるため、誰でもそれを欲しがります。
それゆえ、取引の中心に通貨を据 えると、取引が円滑に行われるわけです。

大昔は物々交換で取引が行われていたので、とても不便でした。
したがって、通貨を使うようになったのですね
(途中の過程では、金 や銀などの貴金属を使っていましたね。
その後、悪貨が良貨を駆逐するようになったので、通貨に変わりました)。


現在の取引にはほぼ通貨が介在しているのですが、物々交換も使いようによっては便利なのです。
バータージャパンは、ポイントを通貨として考え、会員間の企業で取引を行う上で、ポイントを利用した
取引が可能になるのです。(取引額の100%でも50%でも任意に利用可能。50%の場合は残りは現金)

ストックオプションで賞与を支 払うという のは物々交換の好例で、現金を介在させずに
取引ができるため、 企業はキャッシュアウトを避けながら、キャッシュを支払っ たとほぼ同等の効果を発揮させるこ とができるのですね。

他にも、株式交換によるM&Aもバーター取引の例の1つです。


また、休暇で賞与を支払 うという方法も物々交換であり、賞与の支払いにバーター取引として、現金を使わずにボーナスを支払う方法として使えるわけ です。給与のなので取引とは言い難いですがね。

た だし、就業規則で、ボーナスを現金で支払うと決めているならば、休暇で賞与を支払うことはできません。

このようにいろいろなケースが、現在でもバーター取引として普通に行われております。

企業において、現金を温存でき、なおかつバーター会員間では、会員以外の企業と比較したときに競争力として優位性が生まれます。

 

一度、バーター取引を体験してみませんか。

電話でのお問い合わせ

Webオンラインシステムのご紹介